ニンテンドーが段ボールでボロ儲けの予感!スイッチの新アイデアが画期的すぎる!!

発売以来、品切れ状態が続くニンテンドースイッチ。
その人気をさらに加速させそうなニュースが発表されました・・・。

その主役はなんと「段ボール」

この発明がムチャクチャ画期的すぎて、ニンテンドースイッチの品切れをさらに長引かせそうな予感です・・・。

アイデアの勝利!段ボールとゲームの見事な融合!!

早速こちらのニンテンドー公式サイトの映像をご覧ください。

段ボールで組み立てたピアノが鳴る瞬間・・・!
思わず鳥肌が立ちました!!

「おおー、ついにやったな任天堂!!」←上から目線w

これはWiiが発売されて以来の画期的なニュースかも知れません。

空洞のピアノが鳴る!段ボールの車が走る!

なんせ、デザインされた段ボールをニンテンドースイッチの本体やコントローラーと組み合わせるだけで、今分かっているだけでも6種もの多彩な遊びができちゃいます。

    • リモコンカー
    • つり
    • おうち
    • バイク
    • ピアノ
    • ロボット

映像の中にはここに上げている以外のものも見受けられたので、第二弾、三弾・・・と続いていく予感!!

気になるニンテンドーラボの仕組みは?

ニンテンドーラボのコンセプトに

「つくる」「あそぶ」「わかる」

と書いてあるように、ニンテンドーラボはその仕組みまで学んで楽しめるようです。

なぜ空の段ボールでピアノが弾けたり、車が走るのでしょうか?

明確な答えはまだ明かされていませんが、映像から見るにリモコンの振動(バイブ)機能、赤外線通信機能をうまく使っているみたいですね。

例えばリモコンカーの機能。
タイヤもない車が走る映像は初めて見たときは「どうなってるの!?」と思いましたが、これは紙相撲のような原理がイメージできますね。

映像から見るに、ピアノはリモコン上部の赤外線通信を使っていそうな感じです。

自宅の用品でも代用が可能

説明に書いてありましたが、キットを作る際のヒモやゴムは最初に付属しているようですが、破損した場合には市販品の代用も可能なようです。良心的ですね!

気になるニンテンドーラボの発売日は2018年4月20日

ニンテンドーラボは2018年4月20日に、

  • バラエティキット(6,980円+税)
  • ロボキット(7,980円+税)

こちらの2つが発売予定です。

記事執筆時点では、まだ予約は始まっていないようなので、これはニンテンドースイッチ同様、発売→即品切れの予感大!ですね。
本体のように品薄にして購買意欲を高める作戦でしょうかw(←勝手な妄想ですが)

しかし一つ気になることが。
最初に見たときに思ったのですが、

「段ボールにこの値段は高い!」

と正直思いました。

いや、分かっているんですよ。
アイデア料・・・アイデア料ですよね!

ここまで画期的な遊びを、企画から開発まで頑張って作り上げたのはスゴいと思いますし、そこが含まれての価格ですもんね!

そう、段ボールと思うからいけないんですよ!
開発者の血と汗の結晶、そしてこれから遊ぶ人達ができる未知の体験。
その辺りが詰まっての価格ですよね!
プライスレス!(笑)

いやー、WiiUが大コケしてから将来が心配されていた任天堂ですが、ニンテンドースイッチのヒット、それからこのニンテンドーラボのリリースで、ここから大躍進の可能性大!ですね。

↓ニンテンドーラボの公式サイトはこちら
https://www.nintendo.co.jp/labo/kit/variety.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください